横浜市 関内駅【行政書士 ソフィア総合法務事務所】 - 風俗営業・性風俗関連・深夜酒類提供飲食店営業・入管・著作権・株式会社に関するご相談等、お気軽にどうぞ。鎌倉FM シーサイドカフェ828出演中!

行政書士 ソフィア総合法務事務所
〒231-0013
横浜市中区住吉町2丁目25番地 東邦第2ビル403号室
TEL:045-210-9750 FAX:045-210-9751
 
行政書士 
ソフィア総合法務事務所
JR・横浜市営地下鉄 関内駅
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分
〒231-0013
横浜市中区住吉町2丁目25番地 東邦第2ビル403号室
行政書士 
ソフィア総合法務事務所の
MAPはこちらから>>
TEL:045-210-9750
FAX:045-210-9751
平成18年5月1日より
『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)』が改正され、懲役刑も含め、罰則が強化されました。
くれぐれも御注意下さい。
罰則例は、こちらから>>
携帯サイト
QRコード
こちらのQRコードから、携帯サイトへアクセスできます
 

深夜酒類提供飲食店営業

 

「深夜酒類提供飲食店営業」ってなに?

「深夜酒類提供飲食店営業」とはスナック、酒場等、主として酒類を提供する飲食店で、深夜(午前0時から日の出時まで)において営む営業です。
深夜酒類提供飲食店営業は、開始しようとする日の10日前までに「公安委員会」へ「届出」をしなくちゃいけません。
でも、通常主食と認められている食事を提供して営む飲食店は除きます。
例えば、夜遅くまでやっているお好み焼き屋さんやお蕎麦屋さんが、ちょいとビールを出すっていうのは、「深夜酒類提供飲食店営業」にはあたらないんですね。
とはいっても、これまた個別具体的に考えなくちゃいけません。深夜に飲食店を経営されている方で、「うちは、深夜酒類提供飲食店営業になるのかなぁ」って思われた方は、まずご相談くださいな(^^)
 

深夜に風俗営業??

ところで、「風俗営業」は午前0時まででしたよね。じゃぁ、「深夜酒類提供飲食店営業」をとれば、午前0時以降も風俗営業ができるの?
・・・答えは、 NO! です。
午前0時以降は、客に遊興させてはいけないんです。
   基本的には、「風俗営業許可」と「深夜酒類提供飲食店営業届出」の両方を同一店舗ではやりません・・・が、ケースにもよりますので、ご希望される方は、まず当事務所にご相談くださいませ♪
 

風俗営業等につき、もっと詳しく知りたい方は、下記もご参照ください。

1  「風俗営業等の規制概要と営業申請手続き」
※ 神奈川県警察本部のページです。
 
2 風営法が変わりました!
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律>>
 
3 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令>>
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則>>
 
  その他の風営関係については・・・
 
1. 風俗営業
 
2. 性風俗関連特殊営業届出
 
TOPへ戻る
 
Copyright (C) 「行政書士 ソフィア総合法務事務所」 All rights reserved.